前へ
次へ

学校の学びが第一の家庭教師

家庭教師を雇うにしても、もとを辿れば学習塾・進学指導塾からの派遣です。
ですから、入塾する際に学力テストがあるところもあります。
しかし、家庭教師をつける場合、一定の期間体験授業を受けることを条件としている場合もあります。
もちろん、勉強ができなくても気持ち次第です。
指導方針に納得できることを条件としており、来るもの拒まず、そして必ず結果(成果)を残すことに妥協点はありません。
理解度に合わせて授業日数にも対応、英語のみ、英語と数学など、組み合わせにも臨機応変に対応します。
学校の授業についていけないなら、教科書やノートから今の学校の授業内容を把握し、1ページ分進んだ授業を行います。
しかし、もとを辿れば理解できなければ先には進めず、まず先に学年を1つ下げた総合学習を行い、その上で進み過ぎない授業を行うようです。
家庭での場合、週3であれば週4は間が空いてしまうので、その間は宿題も出して対応してくれます。
特訓、チェックテスト、理解が不十分な生徒への個別フォローも数々あります。

Page Top