前へ
次へ

上から目線の家庭教師には注意する

人とコミュニケーションをするとき、互いに同等な対応をする人もいれば、常に下から持ち上げるような対応をしてくれる人もいます。
それらの時は比較的気持ちよくコミュニケーションが取れるかもしれません。
一方で上から見下したような話し方をする人もいて、その時には我慢をしないといけないときもあるでしょう。
家庭教師を選ぶときにも来てくれる人がどんな対応をしてくれるかがあるので、話し方などで様子をうかがうと良いかも知れません。
優秀な大学に行っている人の中には上から目線で話をしてくる人が少なからずいます。
もちろんすべての人ではなく、優しく話をしてくれる人もいます。
上から目線で話をする家庭教師だとこちらの言うことを否定されやすく、希望通りの教育を受けられない可能性があります。
親に対しては下から目線だが子供に対しては上から目線の人もいるので、授業の様子などを確認しておくと良いでしょう。
早めに分かれば後退してもらうことも検討しましょう。

Page Top