前へ
次へ

タブレット端末も使う家庭教師

タブレットやスマホを使う動画授業、最近では家庭教師も活用しています。
他の人に教える、自ら体験する、グループ討論まではアクティブラーニング型授業で、デモンストレーション、視聴覚、読書などがこれまでの受動的な学習でした。
この違いで、より深い学びや積極的な学習に繋がるのです。
講義だけでは物足りないのは、アクティブラーニング型授業ではないことも理由ではないでしょうか。
家庭教師もこうした考えに積極的です。
もちろん、家庭で教えるとなれば1対1、グループ討論は難しいでしょう。
だからタブレットなどネットワーク化した学習指導も行うのです。
いわゆるオンライン塾です。
特色の異なる生徒と家庭教師が一丸となってディスカッションします。
こんな方式も使える、こんな遣り口もある、ウチではこんなスタイルで、そうした刺激的な教育を受けることも今の時代ならできます。
教わるだけでなく、問題を理解できていれば何故その答えになったのかを、家庭教師に教える立場に立たせます。
教師に対して問題を作ることも時にはさせるようです。

Page Top